読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金昌宏の散歩ブログ

ファッションデザイナー金昌宏が趣味で続ける散歩にまつわる話題をつづっています

品川のマイナーだけど必見の価値がある隠れ散歩スポット

・まったりカフェもできる「原美術館

f:id:masahirokimu06:20161227163816j:plain

品川のお散歩スポットは、実は閑静なエリアの中にあったりします。
例えば、品川駅から徒歩15分ほど歩いたところの北品川4-7-25には、建物が綺麗で美しい「原美術館」があります。
ここは観光スポットにもなっていますが、地域の方の散歩スポットとしても有効です。
なぜなら、品川から散歩してちょうどいい距離にあること、建物がオシャレで外観を眺めるだけでも楽しめること、そして館内の展示品がどれも素晴らしいことです。
お散歩途中にカフェを楽しむというのも悪くありませんが、「原美術館」ではそれもできますよ。
なぜなら、館内にカフェスペースが用意されているからです。
そこでのんびり庭を眺めながらコーヒーでも飲めば・・気分は癒されます。
散歩スポットと呼ぶにはあまりにも内容が充実している場所ですが、ともかく行ったことのない人は行ってみてください。

・内容充実の無料休憩所「品川宿交流館」

原美術館と同じ北品川には、「品川宿交流館」という便利な散歩スポットもあります。
ここは一見すると観光案内所・・でも実は無料休憩所という場所なんですが、町歩きが好きな人は覚えておいたほうがいいスポットです。
なぜならここは、散歩途中の休憩所としては最適な場所だからです。
観光案内所ではなくともトイレがちゃんと設置してありますし、休憩所の中は空調も効いていて、ちょっとした飲み物や食べ物も売っています。
建物は黒い外観が印象的ですが、2階と3階の窓にはめ込まれた黒い桟にはとても風情があります。
またここには品川宿関連の書籍もおいてありますので、散歩がてらに読書休憩するのもありです。
といった具合に・・案内係もいない無料休憩所なのに内容は充実している「品川宿交流館」。
品川エリアにお住まいの方は一度行ってみてください。

自由民権運動の父「板垣退助の墓」

またしても北品川の散歩スポットになりますが、品川神社社殿の裏にある「板垣退助の墓」もおすすめです。
ここは立地のいい場所でアクセスも京浜急行新馬場駅北口から徒歩5分、看板もちゃんとあるので迷わずに訪れることができます。
スポットのメインは自由民権運動の父「板垣退助の墓」なので、散歩がてらに気楽にというわけにもいきませんが、周囲は落ち着いた風景で静寂に包まれているので、静かに散歩したい方にはもってこいの場所です。
主人公は板垣退助さんですが、彼以外の一族のお墓もあります。
また墓石の傍らに目を向けてみますと・・そこにはあの有名な言葉を刻んだ石碑が建っています。
板垣退助が放った有名な言葉・・もう分かりですね?
そうです、「板垣死すとも自由は死せず」という言葉です。
決して明るい場所ではありませんが、この石碑を見るだけでも価値がありますので、機会があったら寄ってあげてください。