読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金昌宏の散歩ブログ

ファッションデザイナー金昌宏が趣味で続ける散歩にまつわる話題をつづっています

品川区 武蔵小山駅~”林試の森公園”

品川

品川区 武蔵小山駅林試の森公園

f:id:masahirokimu06:20160701125332j:plain

今日はお休みで、武蔵小山に住む友人に渡す物があってやって来ました。そして、前から行ってみたかった”林試の森公園”を散歩するのが本命です。品川区東京急行電鉄目黒線武蔵小山駅は5~6年前にリニュアルしてすっかり綺麗になりました。1923年小山駅として開業したといいますから結構歴史がありますね。駅周辺には5つの商店街・商店会があり、その中のパルムと呼ばれる武蔵小山商店街は、日本一長いアーケード商店街として有名です。テレビのバラエティ番組にもよく登場します。友人とは商店街に入っ た所のCafeで待ち合わせ、お茶を飲んで解散しました。さっそく”林試の森公園”に向かいます。駅前ロータリーを渡り、都立小山台高校の脇の細い道を抜けていきます。学校に沿って左折、暫く行くと小山台小学校が見えてきます。そのまま住宅街を歩くと小さい立て札に「林試の森公園」とあるので右折します。(見逃すと遠回りになります。)しばらくすると公務員団地にぶつかり、この脇が”林試の森公園”の南門です。

品川区”林試の森公園

f:id:masahirokimu06:20160701125343j:plain

品川区にある”林試の森公園”は、1900年に当時の農商務省林野整理局が「目黒試験苗圃」としてスタート、その後「林業試験場」となり、筑波学園都市に移転した跡を整備し平成元年から現在の姿になったと言います。東西に700m、南北に250mと細長く、外周の園路をぐるっと一周すると45分程だといいます。入り口の公園マップを眺めて取り敢えず回ってみることにしました。国内産・海外産の多種多様な樹木が植えられています。緑の小道をゆっくり散歩するだけでも癒し効果抜群。ジャブジャブ池では、子供達がびしょびしょになって遊んでいるのを親たちが笑顔で見守っています。犬を連れた人も沢山います。家から近かったら毎日来るのに。歩いてみるととにかく広くて、見たこともない花や沢山の巨木、色々な野鳥のさえずり等、都会ではあまり味わえない自然に出会えます。グランドでは子供達が野球やサッカーをして、デイキャンプ場のテーブルでは多くのパーティがバーベキューしてました。休日で晴れ間も見えていたので、結構賑わっていて私まで楽しい気分になりました。一周のんびり歩いて90分位、気がついたのは、普段町中では見られない沢山の笑顔が有ったこと。身体は少し疲れましたが、心は元気になりました。今度は愛犬を連れて来たいと思いました。

[目的地]”林試の森公園

[URL]http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index003.html

[住所]品川区小山台二丁目、目黒区下目黒五丁目