読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金昌宏の散歩ブログ

ファッションデザイナー金昌宏が趣味で続ける散歩にまつわる話題をつづっています

住んでる間に一度は行っておきたい高輪の隠れスポット

・英国公使宿館が置かれていた「東禅寺

f:id:masahirokimu06:20170421131649j:plain

高輪にお住まいの方ならご存知かもしれませんが、高輪3丁目に「東禅寺」というお寺があります。
ここは幕末時代、イギリスの公使宿館が置かれていたという歴史性の高い寺院です。
広い境内、周囲を取り囲む樹木、長い参道など・・とても見どころが多くて雰囲気の場所ですので、ぜひ一度散歩で行かれてください。
特に見どころなのは長い参道ですが、距離が長いだけに、歩いてるうちに心が静まっていくような気持ちになります。
ちなみに「東禅寺」は高輪公園の隣にありますので、公園とセットで散策するのもいいかもしれません。
お寺の所在地は、港区高輪3-16-16、JR品川駅から徒歩で10分ほどのところです。
高輪公園の隣にあるので、これを目印に目指すといいでしょう。

・国の重要文化財が展示されている「畠山記念館」

都営地下鉄高輪台駅から徒歩5分の白金台2-20-12には、「畠山記念館」があります。
ここも高輪に住んでる方にチェックしておいてもらいたいスポットです。
「畠山記念館」は荏原製作所の創業者が創立した記念館で、館内に創業者の所蔵品が展示されています。
注目すべきは、その所蔵品の中に国の重要文化財に指定されているものがあること、そしてなんと国宝も保存されているということです。
さらに、敷地に施された美しい庭園や日本建築の建物、周囲の高級住宅街も記念館の雰囲気を高めています。
大きな記念館ではありませんが、骨董品や美術品に興味のある方にはたまらないスポットとなっていますので、ぜひ散歩がてらにでも寄ってみてください。
場所は白金台ですが、高輪の方も散歩コースにできるエリアにあります。

・マンションの1Fにある銭湯「玉菊湯」

白金高輪を散歩しながら、その途中に銭湯で汗を流すというのはどうでしょうか?
というのは、港区白金の商店街の一角にこじんまりとした温泉銭湯があるのです。
マンションの1Fにあって分かりづらいのですが、比較的新しい設備の中で温泉銭湯を満喫することができる素晴らしいスポットです。
施設の名前は「玉菊湯」といいまして、リーズナブルな料金で湯が楽しめる庶民的な銭湯です。
白金高輪といえば高級住宅地のイメージですが、ここで湯に浸かっているとほのぼのとした気分になってきます。
場所は港区白金3-2-3、白金高輪駅から西に向かって歩くと白金商店街がありますが、その一角のマンション1Fに「玉菊湯」があります。
普通の温泉もいいですが、マンション銭湯も悪くありません。
ぜひ散歩ついでに立ち寄って、黒湯で汗を流してきてください。