読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金昌宏の散歩ブログ

ファッションデザイナー金昌宏が趣味で続ける散歩にまつわる話題をつづっています

品川に住んでる方に知っておいてほしいチョイスポット

・日本考古学発祥の地といわれる「大森貝塚遺跡庭園」

品川は歴史と伝統の街でもありますが、それを象徴しているのが「大森貝塚遺跡庭園」といっていいかもしれません。
ここは大森山王口から徒歩で5分ほどのところにある、日本考古学発祥の地とされる場所です。
太古の人々の暮らしの跡が残っていた場所で、ここで縄文時代のものと思われる貝塚なども発見されています。
現在は素朴な公園のようになっていますが、歴史的に意義深いスポットなので、近辺に住んでる方にはぜひ一度行ってもらいたいと思います。
場所は品川区大井6-21、大森駅山王口から徒歩で5分程度の線路沿いにあります。
貝塚の現物を見ることはできませんが、ここから遺物が発見されたことを示す記念碑、貝層の標本、噴水などを見ることができますよ。
派手な仕掛けは何もありませんが、歴史や考古学に関心のある方には一見の価値があるスポットです。

・紅葉や野鳥の観賞もできる「林試の森公園

品川にはビジネス街しかないと思ってる方もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。
品川の中にも、ここが都会であることを忘れさせてくれるような、自然豊かなスポットがあります。
例えば、品川区小山台二丁目には都立公園の「林試の森公園」がありますが、ここは都会にある公園とは思えないほど自然豊かなスポットです。
園内に種々の木々や草木が広がっており、紅葉を楽しんだり野鳥を観賞したり、じゃぶじゃぶ池で水遊びを楽しんだり、広いスペースを生かしてランニングやウォーキングをすることもできます。
林試の森公園」の中にいると、都会の喧騒を忘れることができるので、癒しを求めている方はぜひおすすめしたいスポットです。
また、この公園は1年を通じて四季を感じられる場所なので、どの季節に足を運んでも楽しめるという利点もあります。
散歩に、ランニングに、ピクニックに・・ぜひ「林試の森公園」をご活用ください。

・見晴らしのいい眺めが味わえる「品川神社

f:id:masahirokimu06:20160719032602j:plain

散歩の途中に、由緒ある神社を見学するというのも悪くないアイデアでしょう。
品川には神社がたくさんありますが、その中の一つ、北品川3-7-15にある「品川神社」は散歩スポットとしておすすめです。
その理由は、由緒ある神社の雰囲気を楽しめることに加えて、見晴らしのいい眺めを味わうことができるからです。
実は神社の参道が急な石段になっていて、これを見ると及び腰になるのですが、しかしそれを頑張って登れば・・上で良い眺望を味わうことができるのです。
もちろん神社そのものも、拝殿の雰囲気が良かったり板垣退助の墓があるなどして、必見の価値があることは言うまでもありません。
さらには、パワースポットとしても有名な場所だと言われています。
ぜひお近くにお住まいの方には、「品川神社」を散歩コースに利用していただきたいと思います。

絶対に抑えておきたい高輪のウォーキングスポット

・カエルをモチーフにした水飲み場がある「高輪公園」

都会の公園は敷地が狭いというイメージもありますが、高輪3丁目にある「高輪公園」はゆったりとした広さを持っています。
この「高輪公園」は、川駅から徒歩で10分ほどのところにある、地域の憩いのスポットです。
園内には、紅葉も楽しめる木々やカエルをモチーフにした水飲み場、「渚」と呼ばれるブロンズ像、休憩所、池などがあり、派手さはないものの見どころはたっぷりです。
また運動エリアも設置されているので、ここでスポーツをしたり体操をしたりすることもできます。
付近に住んでる方もおられると思いますが、ぜひ散歩コースに「高輪公園」を入れてみてください。
公園の所在地は港区高輪3丁目18番18号、品川駅から比較的近い場所にある好立地の公園です。
公園の目印は・・カエルをモチーフにした水飲み場です!

・都会なのに自然に囲まれた「高輪森の公園」

f:id:masahirokimu06:20170421123531j:plain

JR品川駅の高輪口にグースという複合施設がありますが、このホテルの裏側に「高輪森の公園」があります。
ここも、高輪公園に負けず劣らずの憩いスポットとしておすすめの場所です。
「高輪森の公園」の特徴は、森の中に設置されているため自然が多いということです。
公園といえば遊具などの設備を思い浮かべますが、「高輪森の公園」にはこれといった遊具はありません。
むしろ、木々や緑に覆われた自然公園という感じです。
したがって遊具で遊ぶことはできませんが、自然に囲まれて癒しの効果を得ることができます。
一方、自然を題材にしているとはいってもベンチは設置されていますし、公園らしく綺麗に整備されてもいます。
公園に入るために柘榴坂という坂を登らなくてはならないのがデメリットかもしれませんが、ウォーキングコースに活用すると思えば、これはむしろメリットでしょう。
エリア内でウォーキングコースを探されている方がおられましたら、ぜひ「高輪森の公園」に行ってみてください。

・子供から大人まで安心して過ごせる「高松くすのき公園」

子供から大人まで楽しめる・・そういう憩いの場所があったらいいと思いませんか?
実は高輪一丁目には、まさにそれを実現したような公園があります。
それは、高輪一丁目自動遊園がリニューアルされた「高松くすのき公園」です。
この公園の特徴は、子供が遊ぶゾーンと大人がくつろぐゾーンが分けられていることです。
子供ゾーンには鉄棒やブランコなど複数の遊具があり、ここで思いっきり遊んで楽しむことができます。
一方、大人ゾーンにはウッドデッキのベンチが設置されていて、ここに腰を下ろして休んだりおしゃべりを楽しんだりすることができます。
また公園の周囲が住宅街になっていることから、安心して過ごせることもこの公園の特徴といっていいでしょう。
ちなみに公園の名前にあるとおり・・大きなくすの木も植えられています!
ご夫婦でも子供連れでもいいので、一度ぜひこの「高松くすのき公園」に遊びに行ってください。

ウォーキングがてら立ち寄っておきたい恵比寿の穴場スポット

・JR恵比寿駅西口にある七福神の「えびす像」

f:id:masahirokimu06:20170421122808j:plain

そこにあるのは知ってるけど、当たり前すぎて気づかないとか、つい通り過ぎてしまってるようなスポットもあると思います。
例えばJR恵比寿駅西口を出てすぐのところに、七福神のえびす像がありますが、恵比寿に住んでる方の中には、意外とこの像をじっくり見たことがないという方もおられるかもしれません。
それはとてももったいないことなので、ぜひ一度はここに立ち止まって、えびす像を眺めてみてください。
えびす像はこれといった派手な仕掛けのある像ではありませんが、微笑ましく愛嬌のある表情が独特で、立ち止まって見つめていると、不思議と気持ちが和らいでくるようです。
またJR恵比寿駅西口にあることから、この像を待ち合わせの目印にできるという利点もあります。
というわけで、たかが像ではあるのですが、されど像でもあります!
せっかく恵比寿に住んでるなら・・一度ぐらいはえびす像と対面しておきましょう。
場所は渋谷区恵比寿南一丁目、JR恵比寿駅西口を出てすぐのところです。

・日仏の文化交流について学べる「日仏会館」

散歩がてらに恵比寿ガーデンプレイスへ・・という方もいらっしゃるかもしれません。
そういう方におすすめしたいのは、恵比寿ガーデンプレイスに行ったついでに、「日仏会館」にも足を運んでみることです。
「日仏会館」は文字通り、日仏の文化交流を目的に建てられた施設で、恵比寿ガーデンプレイスの隣にあります。
特徴は、日仏会館なのに建物がフランスっぽくないこと、施設内にホールや図書室が設置されていること、そしてフレンチレストランが入っていることです。
図書室には日仏関連の貴重な資料が収蔵されているので、日仏の関係やフランス分化に興味のある方にはぜひおすすめしたいスポットです。
散歩の終点にここを訪れ・・フレンチを食した後で図書コーナーを楽しむというのはいかがでしょう?

・童謡好きなら一度は立ち寄っておきたい「中田喜直住居跡」

「めだかの学校」といえば、昔からよく知られた童謡の一つですが、実はその「めだかの学校」を作曲した人物の住居跡が、渋谷区恵比寿に残っています。
それは、渋谷区恵比寿4丁目15-1にある「中田喜直住居跡」です。
中田喜直というのは「めだかの学校」や「夏の思い出」などの童謡を作曲した作曲家のことで、この中田氏が恵比寿に住んでいたことを伝えているのが「中田喜直住居跡」です。
住居跡といいながら実際の住居跡はなく、標柱のみが立っていますが、それでもここは必見の価値があるスポットです。
なぜなら・・中田さんが作曲された童謡には多くの日本人がお世話になっているからです!
ぜひウォーキングの途中にでもここに立ち寄って、故・中田喜直氏に思いを馳せてみてください。

地元人なら知っておきたい品川のお散歩スポット

徳川家康も勝利祈願をしたといわれる「品川神社

京浜急行新馬場駅北口から徒歩で1分ほどのところに・・源頼朝が創建したと伝えられる「品川神社」があります。
ここは北品川に住んでる方なら、ぜひ一度は行っておきたい散歩スポットです。
なぜなら「品川神社」は、歴史的に重要な神社だからです。
源頼朝が本当に創建したとしたらそれだけで重要ですし、さらに彼はこの神社で海上交通の安全を祈願したと言われているのです。
さらに驚くなかれ、「品川神社」を訪れたのは源頼朝だけでなく、あの徳川家康もそうだったのです。
家康は自身が東軍のリーダーとなって戦った関ヶ原の戦いのときに、「品川神社」で勝利祈願を行ったそうです。
そういう歴史的に重要な話が伝わる「品川神社」ですから、やはり地元の方なら一度は訪ねておきたいですね。
なお、「品川神社」の所在地は品川区北品川3-7-15です!

・寛永年間からあったといわれる「鮫洲八幡神社

f:id:masahirokimu06:20170419155605j:plain

品川の散歩スポットなら、東大井にも一つおすすめの場所があります。
それは京急鮫洲駅」から徒歩1分のところにある・・「鮫洲八幡神社」です。
ここは、いつ創建されたのか詳らかではありませんが、17世紀の寛文年間の頃にはすでにあったとされる歴史のある神社です。
社地がいつも綺麗に掃除されていて気持ちがよく、威風堂々と立つ社殿と狛犬、素朴ながら品格のある神楽殿など、見どころはいっぱいです。
ちなみに御祭神は、伊弉冉神、気長足姫尊、伊弉諾神、誉田別尊となっています。
散歩の途中で立ち寄るのにうってつけの場所だと思われますので、近くに住んでる方はぜひここをチェックしておいてください。
場所は品川区東大井1丁目・・前述したように京急鮫洲駅」のすぐ近くです。

源頼朝の家来が創建した「梶原稲荷神社」

品川区東大井といえば、3丁目には「梶原稲荷神社」もあります。
実はここも、ぜひ散歩途中に立ち寄ってもらいたいスポットなのです。
「梶原稲荷神社」は見た目こそ小さいですが、上品な趣と歴史が感じられる場所です。
そもそもこの神社は誰が創建したかというと、鎌倉幕府を開いた源頼朝の家来として名を馳せた梶原景時なのです。
梶原景色は、源頼朝の挙兵に馳せ参じ見事な軍功を挙げた武将として知られていますが、そういう名将が壮健した神社が「梶原稲荷神社」なのです。
繰り返しますが、「梶原稲荷神社」はとても小さく敷地も狭いのが特徴です。
しかし歴史性が高く、L字型の細い参道や、小ぶりながら堂々と鎮座している社殿には高い品格を感じることができます。
論より証拠なので、ぜひエリア内に住んでる方はここに足を運んでみてください。

素晴らしい公園だらけの品川について!

・権現山にある細長い「権現山公園」

派手さはないけど心が温まる・・そんな散歩スポットが品川には多いですね。
例えば、北品川には権現山という御殿山に連なる高台がありますが、ここには「権現山公園」があります。
北品川やその周辺にお住まいの方は、ぜひこの公園に散歩に行ってほしいですね。
「権現山公園」の特徴は、子供たちが遊具を使ってワイワイ遊ぶゾーンと大人たちが花や木を見てゆったりできるゾーンが、しっかり別れていることです。
いろいろな遊具が設置されているコーナーはもちろん子供向け、一方、桜の木がある林は大人も子供楽しめるスポットです。
歴史のある古い公園でスケールはそれほど大きくありませんが、いつ訪れても安らげる散歩スポットに適した公園なので、ぜひ近くにお住まいの方は行ってみてください。
ちなみに「権現山公園」の所在地は、品川区北品川3-9-5です。

・公園には珍しい石灯篭がある「聖蹟公園」

北品川の山手通り沿いには歴史性の高い公園が一つあって、こちらもおすすめの散歩スポットになります。
それはどこかというと、東海道品川宿本陣跡でおなじみの「聖蹟公園」です。
東海道品川宿本陣とは何かというと、江戸時代の大名たちの宿泊場所だったその本陣ということです。
そんな歴史的な場所が・・ここ「聖蹟公園」に置かれていたのです。
今はわりと普通の公園になっていますが、ところどころに江戸時代を思わせるようなものが設置されています。
例えば、およそ普通の公園にはないような石灯篭とか、現代になってから復元された井戸もそうです。
一方、ここは公園ですからベンチや遊具、それにトイレもちゃんと設置されています。
どうでしょう・・一つ江戸に思いを馳せながら、この聖蹟公園でのんびりしてみませんか?
場所は山手通り沿いの品川区北品川2-7-21です!

蒸気機関車の展示もある「東品川公園」

f:id:masahirokimu06:20170419155005j:plain

北品川にも素晴らしい公園がありますが、東品川も負けてはいません。
ここには、1941年に開園した地域の核ともいえる「東品川公園」があります。
こちらは散歩スポットとしてだけでなく、スポーツを楽しむのにも適した公園です。
というのは、「東品川公園」にはトイレや遊具など一般的な公園機能に加えて、テニスコート弓道場などの運動公園機能も備わっているからです。
さらに身体障害者への配慮もなされており、一般の方とは別に身障者用のトイレ、車椅子でも遊べる遊具などが設置されています。
加えて、嫌でも目に留まる灯台をモチーフにした噴水や・・懐かしい蒸気機関車の展示もされています!
ここまで多彩な機能を持った公園を探すのは、なかなか難しいかもしれません。
ぜひ機会があったら遊びに行ってみましょう。

散歩や憩いが楽しめる目黒の公園スポット

・広大な敷地と多彩な木々が持ち味の「林試の森公園

ペットと一緒にのびのび散歩ができる場所があるというのは、とても素晴らしいことですね。
目黒区下目黒五丁目には・・まさにそういう場所があります。
それは広大な敷地と多彩な種類の木々があることで知られる、「林試の森公園」です。
ここは目黒に住んでる方なら知ってる方も多いと思いますが、知らなかったという方はすぐにチェックして行ってみてください。
林試の森公園」の特徴は、スケールの大きさです。
敷地が広大だといいましたが、その広さはなんと120,762平方メートル!実に36,000坪ほどもあるのです。
これだけの広さがあれば、散歩、体操、ジョギング、なんでもあり!
もちろんペット一緒に楽しく遊ぶということもできるでしょう。
そして、多彩な種類の木々も「林試の森公園」の持ち味です。
スズカケノキプラタナス、クスノキなどの巨木から、ベニカエデ、トチュウなどの外来樹木、さらにはヨコグラノキやニオイドロといった珍種の木も生えています。

・広い芝生でピクニックができる「中目黒公園」

f:id:masahirokimu06:20170419153829j:plain

目黒川沿いを散歩している方もおられると思いますが、目黒川沿いを散歩しているなら、ついでに「中目黒公園」にも足を運んでみましょう。
「中目黒公園」は中目黒2-3-14にある、散歩やピクニックに最適なスポットです。
見どころは広大な芝生、グラウンド、バスケットコートです。
芝生では散歩を楽しんだり寝転がったり、ピクニックをしたり、いろいろなことが楽しめます。
グラウンドではキャッチボールをしたりサッカーをしたり、思う存分スポーツを堪能しましょう。
そしてバスケットコートですが・・こちらはどなたでも無料で使用することができます。
ちなみに目黒川沿いは紅葉の季節になると美しい景観が広がりますので、そちらを楽しんだ後で中目黒公園に立ち寄るというのもいいですね。
とにかく行って損することはない場所なので、散歩がてらに寄ってみてください。

・展望台から富士山が見えることもある「西郷山公園

目黒区の中には、よく晴れた日に富士山が見えることもある公園があるって知ってましたか?
知らなかったという人は、今すぐ目黒区青葉台にある「西郷山公園」をチェックしてください。
この「西郷山公園」こそまさに、よく晴れた日に富士山が見える公園なのです。
園内に展望台が設置されていまして、ここから冬のよく晴れた日に富士山を遠く望むことができるのです。
もちろん見所はそれだけではなく、斜面利用して作られた人口の滝や、台地の上の綺麗な芝生広場もあります。
ちなみに西郷山公園という名前の由来ですが・・この場所が旧西郷邸の敷地の一部だったことから来ています。
付近にお住まいの方は、ぜひ富士山を眺めにここを訪れてみてください。

散歩ついでにふらりと寄ってみたい高輪の穴場スポット

・火除けの神として崇敬されている「古寿老稲荷神社」

白金高輪駅から徒歩5分ほど歩くと「古寿老稲荷神社」がありますが、ここは高輪エリアに住んでる方の散歩スポットとしておすすめです。
それほど大きな神社ではありませんが、素朴な参道や社殿に風情を感じることができます。
実はこの神社には一つ大きな特長があります。
それは・・祭神・宇賀御魂命が火除けの神として崇敬されていることです。
なぜ火除けの神なのかというと、「古寿老稲荷神社」は関東大震災においても、昭和大空襲においても、共に火災の難を免れているからです。
そういう意味で「古寿牢稲荷神社」は、火に強い神社ということができるでしょう。
神社の所在地は港区高輪1-18-11、白金高輪駅から徒歩5分。
機会があったらぜひここに寄ってみてください。

・社地がビルの間にある「丸山神社」

f:id:masahirokimu06:20170417152716j:plain

神社といえば海の近くに鎮座しているというイメージですが、都会の神社の中にはビルの合間に鎮座しているものもあります。
例えば、港区高輪1-21-10にある「丸山神社」はまさにそういう神社です。
白金田高輪駅から徒歩7分のところにあるこの神社の社地は、海の近くではなくビルの間にあります。
したがって、注意して歩かないとうっかり見過ごしてしまうこともあります。
さてこの「丸山神社」についてですが、祭神は天照皇大神、宇迦之御魂命、誉田別尊、シラヤマヒメノミコト、天児屋根命、秋葉大神です。
特長は、前述したように社地がビルの間にあること、そして年季の入った石鳥居と狛犬に伝統の重みが感じられることです。
高輪に住んでる方でウォーキングコースを探している方は、ぜひこの「丸山神社」を追加してください。

・縁結びで有名な「高山稲荷神社」

都会に建っているのはビルばかりと考えるのは、一つの概念に過ぎません。
実際の都会では、ビルの間に隠れるように鎮座する由緒ある神社の姿を見ることができます。
例えば、港区高輪4-10-23にある「高山稲荷神社」はまさにそうです。
こちらの神社の所在地はJR品川駅のすぐ近くということで、まさに都心の真ん中、しかも品川プリンスホテルを背にして鎮座しているのです。
こういう点で「高山稲荷神社」は、都会的な神社ということができるでしょう。
敷地も社殿もそれほど大きくはなく全体にコンパクトな印象ですが、縁結びで有名なため多くの祈願者がここを訪れます。
もちろん散歩ついでに立ち寄ってみるのも悪くありません。
エリア内に住んでる方で行ったことがない人は、ぜひ「高山稲荷神社」を訪れてみてください。