金昌宏の散歩ブログ

ファッションデザイナー金昌宏が趣味で続ける散歩にまつわる話題をつづっています

散歩する前にチェックしておきたい目黒の穴場スポット

・目黒の歴史がじっくり学べる「めぐろ歴史資料館」

目黒には訪日客が行くような観光スポットがたくさんありますが、それに負けず劣らず、地元の人に行ってほしい散歩スポットもたくさんあります。 中目黒駅から徒歩で12分ほどの場所にある、「めぐろ歴史資料館」もそのうちの一つですね。 ここはスペースが狭い小規模の資料館ですが、目黒の歴史を詳しく紹介する展示がなされており、非常に勉強になります。 常設展はもちろんですが、年に数回の企画展、さらには資料室まであって充実度はなかなかのものです。 目黒の住人であっても目黒の歴史は知らないという方もおられると思いますが、そういう方はぜひ「めぐろ歴史資料館」を訪れてください。 所在地は目黒区中目黒三丁目6番10号・・繰り返し紹介しますが、中目黒駅から徒歩12分です。 エリア内に住んでる方はぜひ行ってみましょう!

・混雑が少なく落ちついて見られる「目黒区美術館

歴史資料館も悪くありませんが、目黒にある美術館も見逃すことができません。 例えば、目黒の二丁目にある「目黒区美術館」はおすすめの立ち寄りスポットです。 ここは区民センターの中にある美術館なんですが、シンプルな内装でありながら展示内容が充実していて、必見の価値があります。 館内は2つのエリアに別れており、一つは区民の作品を展示するギャラリー、もう一つは企画展を開催するためのホールです。 いずれも見どころ満載ですが、何より嬉しいのは大勢のお客さんで混雑しないことです。 まばらというわけでもないのですが、来場者がそれほどでもないので、落ち着いてゆっくり観賞することができます。 目黒には他にも散歩スポットがありますが、ここもおすすめの場所です! ですから目黒に住んでる方は、ぜひ「目黒区美術館」へ突入してみてください。

・文学マニアにはたまらない「日本近代文学館

f:id:masahirokimu06:20171125114145j:plain

目黒の駒場に住んでる方もいらっしゃると思いますが、そういう方にぜひ行ってほしい場所があります。 それは、京王井の頭線駒場東大前駅から徒歩で8分ほどの場所にある「日本近代文学館」です。 こちらは内容だけでなく建物も立派という・・オールマイティーな文学館です。 近代文学関連の資料が豊富に保存されていて、それらを検索したり閲覧したりすることができ、展覧会も開催されています。 目黒がテーマの文学館というわけではありませんが、日本文学が大好きな人にはたまらない資料がたくさん保存されているので、ぜひ目黒にお住まいの文学マニアの方は行ってみてください。 住所は目黒の駒場四丁目3番55号、建物は駒場公園の敷地内にあります。

ふらりと寄ってみたくなる品川の憩いスポット

・品川のとある高台にある「権現山公園」

品川には格好の散歩スポットがたくさんありますが、北品川3-9-5にある「権現山公園」もその一つです。 ここは形こそ忙しい細長い公園ではありますが、桜の木が植えられているなど自然もあり、のんびり過ごすことができます。 遊具もいろいろな種類があり、子供を連れて来るにも最適ですし、散歩スポットには欠かせないトイレもちゃんと設置してあります。 特別なものがあるわけではありませんが、品川に住んでる方にはぜひ抑えておいてほしい場所です。 ちなみに江戸時代の品川の桜の名所といえば御殿山ですが、ここ「権現山公園」がある権現山は、その御殿山に連なっています。 品川には他にもいい場所がありますが、ここも一押しなので、ぜひ散歩ついでに寄ってみてください。

・敷地内に稲荷堂がある「八ッ山公園」

f:id:masahirokimu06:20171125112553j:plain

散歩途中に用を足すだけでなく、のんびり休憩したいという方もおられるでしょう。 そういう方におすすめなのは、同じ品川にある「八ッ山公園」です。 ここもやはり、品川の方には知っておいてもらいたい散歩スポットです。 なぜなら、公園の東側に少し珍しいものがあるからです。 それは何かというと、しながわ百景にも選ばれている稲荷堂です。 それほど大規模なものではありませんが、周囲を和風に作り込むなど風情たっぷりで、見ているだけで気持ちが落ち着きます。 神社スポットなら品川にはたくさんありますが、公園とセットというパターンは必ずしも多いとはいえません。 そういう意味でここは、貴重なスポットといえるかもしれません。 ともかく品川にお住まいの方は、この場所をチェックしておいてください!

・品川の歴史性を体感できるかもしれない「聖蹟公園」

品川の中には、散歩ついでに歴史を感じられる場所もあります。 例えば、北品川2丁目にある「聖蹟公園」はその一つに挙げることができます。 ここの最大の特徴は、品川の史跡の一つである「東海道品川宿本陣跡」のなごりを留めていることです。 当時の宿が残っているわけではないのですが、ここに本陣があったことを示す記念碑が残されているなど、品川の歴史を感じたり振り返ったりすることはできます。 公園としては特段目立ったものはありませんが、綺麗に舗装されていて、遊具やトイレもあります。 どうせ品川に住んでるなら、ここはぜひ一度は行ってもらいたい場所です。 所在地は北品川2-7-21になります・・散歩のついでにでも立ち寄ってみてください!

行かなきゃ損かも!?恵比寿の散歩スポット

・愛嬌のあるすべり台が迎えてくれる「恵比寿東公園」

f:id:masahirokimu06:20171125112323j:plain

恵比寿はタコの街というわけではありませんが・・このタコをモチーフにしたすべり台を設置している公園が恵比寿の一丁目にあります。 それは、「恵比寿東公園」という綺麗で清潔な公園です。 遊具には砂場やブランコなどもありますが、なんといってもここのシンボルはタコのすべり台です。 非常に愛嬌がありなおかつ目立つ存在でもあり、滑らなくても見てるだけで心を和ませてくれます。 恵比寿に住んでる方でまだこのタコを見たことがない方は、ぜひ散歩がてらに見に行ってください。 なお「恵比寿東公園」にはトイレが設置されていますが、、このトイレは健常者用だけでなく身障者用もちゃんとあります。 恵比寿の駅からも徒歩で3分と近い場所にありますので、一度ぜひお立ち寄りください!

・こじんまりとした雰囲気が逆にいい「新橋ふれあい公園」

恵比寿の1丁目をいつも散歩してるよ!という方もおられると思いますが、そういう方にぜひチェックしていただきたい公園があります。 それは、恵比寿の1-23-6にある「新橋ふれあい公園」です。 ここは商栄会のイベントの開催地でもありますが、区民の憩いのスポットでもあります。 特に変わったものがあるわけではありませんが、シンプルな作りゆえの安心感があり、ウォーキング途中に一息つく場所として最高です。 広さは137平方メートルでかなり狭小ですが、一軒家の庭のようにこじんまりとした雰囲気には、大きい公園にはない魅力があります。 ちなみに、変わったものはないといってもベンチはちゃんとありますので、休憩する際にはぜひこれをご利用ください。 というわけで恵比寿の1丁目で散歩する方は、「新橋ふれあい公園」を要チェックです!

・可愛いパンダの乗り物がある「豊沢児童遊園地」

恵比寿の一丁目もいいんだけど、二丁目には手頃な散歩スポットはないの? こうおっしゃる方には、恵比寿の駅から徒歩で10分ほどのところにある「豊沢児童遊園地」をご紹介しましょう。 ここは345平方メートルほどの狭い公園ですが、手洗い場やトイレなど散歩休憩に必要なものが一通り揃っており、散歩の中継ポイントとして利用するには絶好の場所です。 残念ながらベンチはありませんが、座るための円柱型の石があり、疲れたらここで休憩することができます。 またトイレが男女別になっているのも嬉しい特徴ですし、可愛いパンダの乗り物も迎えてくれます。 所在地は恵比寿の2-17-19、中村ビルの隣にあるので、ぜひ行ってみてください。

どうしても抑えておきたい五反田の散歩スポット

・五反田の中でも屈指の桜名所「五反田公園」

桜のある公園というのはそこにるだけで和めるものですが、五反田の東エリアにある「五反田公園」はまさにそんなところです。 ここは都会の中の癒しスポットでもありますが、その癒しを作っている大部分が桜並木にあります。 その桜が春になると綺麗な花を咲かせ、この公園のみならず、五反田の風景に美しい彩を添えてくれるのです。 それを見るためだけに訪れる人も多く、とても人気のある桜の名所ともなっています。 五反田に住んでいながらまだ一度もここを訪れたことがないとしたら、それは非常にもったいないことです。 どうぞ五反田のみなさん、麗しい桜が堪能できる「五反田公園」に行ってみてください。 場所は品川区の東五反田5-24-6でございます!

・シンプルだけど安心してなごめる「五反田南公園」

五反田の東エリアには「五反田南公園」がありますが、ここも癒しスポットとしておすすめです。 敷地はそれほど広くはありませんが、こじんまりとした雰囲気が逆に居心地がよく、ベンチに座ってるだけで心が和みます。 また園内には木々が植えられていて、そこから葉が茂って木陰を作り、安心できる空間を作り出しています。 まさしく天然の休み場といえるものですが、散歩がてらの休憩スポットとして利用するにはもってこいです。 五反田にはこのような公園がたくさんありますが、その中でもここは一押しです。 遊具やトイレなども設置されていますので、どうぞ散歩途中の休憩所として利用されてください。 なお「五反田南公園」は目黒川沿いにありますので、行かれる方はその点を頭に入れておくといいでしょう。

・不思議な迷路も設置されている「西五反田公園」

f:id:masahirokimu06:20171125111955j:plain

五反田は東エリアばかりでなく、西エリアにもいい休憩スポットがあります。 その一つとして紹介させていただきたいのは、西五反田の5丁目にある「西五反田公園」です。 ここは他の公園にはない特徴を持っているので、五反田の中でも特殊な場所といえるかもしれません。 何が特殊かというと、公園全体が高低差を生かして整備されていて、目的別に3つのゾーンが設けられていることです。 それぞれゾーンに子供の遊び場、健康遊具のコーナー、多目的広場とありますが、一箇所で多様な楽しみ方ができるようになっています。 さらにこれも五反田の他の公園にはないと思われますが、上段には迷路があります! 氷川神社も隣接していて安心感もありますし・・まったく申し分のない休憩場所ということができます。 付近を散歩する機会がありましたら、ぜひ立ち寄ってみましょう。

マイナーだけど一度は行っておきたい高輪の散歩スポット

・物流の歴史が学べる高輪のとあるスポット

高輪の散歩スポットは神社や公園もいいのですが、博物館にもおすすめな場所があります。 その一つ、高輪の4丁目7-15にある「物流博物館」は特におすすめです。 ここは有料の博物館ではありますが、資料が充実しているなどクオリティーが非常に高く、物流のみならず日通の歴史を学ぶこともできます。 決して遊ぶ場所ではないので敷居が高いと思うかもしれませんが、そんなこともありません。 「物流博物館」ではエンタメな要素も取り入れてあり、資料だけでなく映像や模型を楽しむこともできるのです。 さらには勉強になる体験コーナーなどもあって、とにかく面白いところです! エリア外の方にも訪れてほしいのですが、まずは高輪の方に足を運んでもらいたいと思います。 ウォーキングやジョギングの途中で構いません・・ぜひ機会を捉えて行ってみてください。

・幕末から明治中期にかけて活躍した「増田甲斎の墓」

f:id:masahirokimu06:20171125111623j:plain

ロシアとゆかりのある人物として増田甲斎の名はよく知られていますが、実は彼のお墓が港区の高輪にあります。 高輪のどこにあるかというと「源昌寺」の中にあるのですが、興味のある方はぜひこの寺を訪れてみてください。 もちろんお寺で増田甲斎に会えるわけではありませんが、お墓と案内板を見学することで、彼の一生に思いを馳せることができるでしょう。 増田甲斎は若い頃から非常に活動的だったそうで、脱藩を繰り返したり、砲術に詳しかったり、ついにはロシアにまで渡ったり、いろいろなことをした人です。 そういう英雄のお墓が「源昌寺」にあるのですから、高輪の住人としては訪問しないわけにはいかないでしょう。 ぜひぜひ・・散歩がてらに立ち寄ってみてください!

・かつての屋敷と敷地がそのまま残る「開東閣」

敷地内に入ることはできませんが、散歩コースとしてぜひ通ってみたい場所が高輪の4丁目にあります。 それは、旧岩崎家高輪別邸の「開東閣」です。 こちらは一般公開されていないスポットですが、かつての屋敷と敷地がそっくりそのまま残っているという、とても希少価値の高い場所です。 高輪の方ならその存在はご存知だと思いますが、まだ通ったことがない方はぜひ通ってみてください。 「開東閣」はその大木と石垣に取り囲まれていて、中を伺い知ることはできませんが、付近を散歩するだけでその威容を感じ取ることは可能です。 高輪の名所の一つでもありますので・・ぜひ散歩コースに取り入れてみてください。 所在地は紹介したとおり高輪の4丁目、高輪台の東、JR品川駅高輪口からは徒歩で10分ほどのところです。

シンプルだけど魅力的な品川の休憩スポット

・子供達のアイデアも導入されている「東品川公園」

f:id:masahirokimu06:20171125111354j:plain

品川のいいところは、個性的な公園が多いことですね。 例えば、東品川に3丁目にある「東品川公園」は、まさに個性の塊のような場所です。 ここは一般的な公園機能だけでなく運動ができるスペースや交通体験ができるエリアもあり、休むだけでなく、鍛えたり学んだりすることもできます。 さらに遊具はありふれたものを置くのではなく、子供たちの提案を取り入れたものが設置してあります。 まさに地域密着型ということができますが、これはとてもすばらしいことです! 品川には他にも多くの公園がありますが、「東品川公園」はその中でも指折りだといえるでしょう。 なぜならここが単なる休憩所ではなく、地域の核として存在しているからです。 ぜひ品川の方には積極的に散歩に出て頂き・・この公園をフルに利用してもらいたいと思います。 ちなみに所在地なんですが、東品川3-14-19となっています。

・野球やサッカーに弓道場まである「天王洲公園」

品川で体を鍛えるために散歩してる方もいらっしゃると思いますが、そういう方にぜひ知ってもらいたい公園があります。 それは品川の東エリア、りんかい線東京モノレール羽田空港線天王洲アイル」駅の近くにある「天王洲公園」です。 ここは恐らく品川の公園の中でも、かなり最強といっていいでしょう。 どういうことかというと、公園に付属する運動施設の数があまりにも充実し過ぎているということです。 テニスコートだけで4ヶ所ありますし、野球場は3ヶ所、他にサッカー場、ミニサッカー、弓道場、さらには陸上やイベントに活用できる多目的広場もあるのです。 一つの公園内にこれだけの運動施設があるのは・・品川の中でもここぐらいではないでしょうか。 とにかくここはすごい場所なので、品川の方は必ずチェックしておいてください。

・どんな年代の方でも気軽に利用できる「東八ツ山公園」

品川の北エリアには、全世代対応型ともいうべき素晴らしい公園があります。 それは昭和41年12月に開園した「東八ツ山公園」ですが、ここもぜひ品川の方にチェックしておいてもらいたいスポットの一つです。 なぜなら、ここにはさまざまな種類の施設や広場、植物などがあって、幅広い年代の方が利用できるようになっているからです。 公園といえば子供のものという感じがしますが、ここ「東八ツ山公園」はそうではないのです。 子供から大人までいろんな世代が交じり合って遊んだり休んだりすることができよう、様々な種類の設備を設けています。 複合遊具や健康器具はもちろん、砂場、パーゴラ、バスケットゴール、スプリングなどもありますし、水飲み場もあります。 ほんとすごい充実ぶりですが、正直、品川に住んでいてここを利用しない手はないと思いますよ!

さりげなく魅力たっぷりな五反田の癒しスポット

・五反田の西エリアにある雰囲気のいい「氷川神社

f:id:masahirokimu06:20171125111056j:plain

五反田のとある場所に、とても癒やされる散歩スポットがあります。 それは東急目黒線不動前駅から徒歩で3分ほどの場所にある、「氷川神社」です。 ここは五反田の西エリアの中でも、とりわけほっとできる神社の一つです。 なぜなら住宅街の中にあって親しみが感じられ、敷地内では拝殿や神殿の周りに深い木々が立ち並んでいて気持ちがいいからです。 神社と聞くと厳かな気持ちになりますが、ここではそういう雰囲気だけでなく、安寧の気持ちを得ることができます。 一方、「氷川神社」は江戸初期に創建されたもので歴史があり、由緒正しい場所でもあります。 そういうわけなので、五反田に住んでる方はぜひここを訪れてください。 ちなみにここで一番注目してほしいのは、散歩するために設けられたような長い参道です!

・意外な場所に拝殿が鎮座する「雉子神社」

住宅街の中にある神社も悪くありませんが、五反田にはもっと個性的な場所にある神社もあります。 それは、ビルとビルの谷間に鎮座している「雉子神社」です。 こちらは五反田の東エリア、桜田通りにある神社ですが、ご紹介したようにビルとビルの間に拝殿があるという・・なんとも忙しい場所にあります。 五反田の中でもこのようなスポットはなかなかないと思いますので・・そういう意味ではオンリーワンな香りが濃厚だといえます。 「雉子神社」の境内はそれほど広くはないのですが、周囲に木々が立ち並ぶなどして落ち着いた雰囲気があり、散歩途中の休憩場所として利用するのには良いかと思われます。 個人的に最大のみどころは、樹齢が200年にはなろうかというイチョウの木です。 これが境内の中に堂々と立っているので、ぜひ行かれる方はチェックしておいてください。

・コンパクトながら堂々とした佇まいの「袖ヶ崎神社」

小さいながらも存在感は抜群・・そういう神社が五反田の東にあります。 それは、平安時代の1137年に創建された「袖ヶ崎神社」です。 ここは五反田の神社の中でも小さい部類だと思いますが、その割りに存在感があり、堂々とした趣には感銘を受けることができます。 年季が入っているのは見て取れますが、それは歴史が長い証拠であり、境内にたたずんでいると平安の昔に戻ったような気がします。 一方、拝殿は可愛らしいという表現がぴったりなほど小さくて、誤解を恐れずに言えば、愛嬌を感じることができます。 休憩スポットとしても活用できますので、五反田の方はぜひ散歩コースにしてみてください。