金昌宏の散歩ブログ

ファッションデザイナー金昌宏が趣味で続ける散歩にまつわる話題をつづっています

地味だけどチェックしておきたい恵比寿の休憩スポット

・佇むだけでリフレッシュできる「恵比寿四丁目児童遊園地」

f:id:blogwriter2017:20180530204230j:plain

恵比寿の四丁目で食事をしたり買い物するときは、ぜひ「恵比寿四丁目児童遊園地」のことを思い出してください。
こちらはわずか182平方メートルの小さな公園ですが、草や樹木など緑が多くて気持ちのいいところです。
ベンチや遊具はありませんが、佇むだけでリフレッシュすることができ、解放的になることがでいます。
場所は恵比寿の四丁目26番1号、恵比寿の駅からは徒歩で9分ほどのところです。
ちなみにこの界隈には食べ物屋さんが多いので、そこでグルメを楽しんだあとここを訪れるのもいいかもしれません。
いずれにしても知ってて損のないスポットなので、ぜひ抑えておいてください。
なお園内にトイレはありませんが、すぐ近くにコンビニがあるので、そこで用を足すことができます。
ぜひぜひ・・恵比寿にある「恵比寿四丁目児童遊園地」を覚えておいてください!

・トイレが男女別になっていて便利な「恵比寿駅東口公園」

恵比寿四丁目児童遊園地もいいですが、恵比寿の四丁目なら・・「恵比寿駅東口公園」のことも覚えておくといいでしょう。
ここも広さが588平方メートルと小さな公園ですが、休憩ポイントや待ち合わせ場所として絶好のスポットです。
なぜそういえるかというと、一つはトイレが男女別になっているからです。
トイレがある休憩スポットは少なくありませんが、男女別になっているところは意外に少なかったりします。
もう一つは園内に時計台があることですが、これも人と待ち合わせするときに便利なツールとなります。
もちろんベンチもありますので、散歩の途中で休憩することもできますよ!
恵比寿にはたくさん公園がありますが、個人的にこの場所はベスト10に入っています。
所在地は恵比寿の四丁目2番6号、恵比寿の駅から徒歩で4分とアクセスも最高なので、ぜひご利用ください。

・恵比寿の住宅地の一角にある小さいけど充実度は高い「伊達児童遊園地」

恵比寿の三丁目に最近引っ越してきたばかりの、散歩好きの方もいらっしゃるかもしれません。
そういう方にぜひ知っておいてもらいたい場所があります。
それは恵比寿の駅から徒歩で12分ほどの住宅地の一角にある、「伊達児童遊園地」です。
239平方メートルの小規模公園ではありますが、その中にベンチや遊具、水飲み場自動販売機まであって、なかなか充実しています。
倉庫のようなものもありますが・・これはおそらく自治会のものでしょう。
いずれにしても休憩ポイントとして便利なところなので、散歩する人はここを覚えておいてください。
なお出入口はバリアーフリーが整備されており、車椅子でも入れるようになっています。
さりげないことではありますが、こういう小さな気遣いが嬉しいですね。
もちろん自動販売機の脇にはゴミ箱も置いてあります!

目黒にある有名じゃないけど魅力的な憩いの場所をご紹介!

・小さいけど緑豊かでリフレッシュできる「駒場三丁目もちの木公園」

目黒の駒場三丁目に・・最近になって知った小さな公園があります。
それは平成17年10月に開園した比較的新しい、「駒場三丁目もちの木公園」です。
L字型の遊歩道のような場所ですが、とても気分が落ち着くいいところでした。
遊具などがなく目立たないスポットなので、目黒の人でも知らないかもしれませんが、ここはぜひ地元の方に訪れてほしいですね。
特別な見どころはないものの、緑に囲まれていてリフレッシュすることができます。
広さは293.48平方メートルですから、文句なしに小さいといえるでしょう。
でもそれだけにプライベート感が満載で、自分の家の庭園を散歩してるような気分になれます。
場所は目黒の駒場三丁目2番20号・・東大駒場キャンパスの東側に位置しています。
付近を通られるときはぜひ立ち寄ってみてください。

・目黒で一番!と太鼓判を押したくなる「中目黒公園」

f:id:blogwriter2017:20180530202248j:plain

目黒は広くて奥が深いとはいえ、「中目黒公園」のように広大で充実した散歩スポットはほかにないでしょう。
ここは子供から高齢者まで楽しめるところなので、ぜひエリア内に住んでる方は行ってみてください。
具体的になにがあるかというと、それはもう・・いろいろなものがあります!
健康やスポーツ、ストリートバスケットまで楽しめる広場や、原っぱ、じゃぶじゃぶ池、みんなの花壇、五感の庭、花とみどりの学習館などです。
とにかくたくさんの見どころがあり、目黒で一番と言っていいほど内容が充実しています。
生き物を観察しながら園内を散歩したり、花や緑を観察したり、ストリートバスケットを楽しんだり、なんでも思うがままです。
また園内には防災機能も整えられており、安心感も抜群といえるでしょう。
所在地は目黒の中目黒二丁目3番14号、東急東横線中目黒駅から徒歩で12分ほどのところにあります。

・適度さとベーシックさが魅力の「八幡公園」

新しさや派手さはありませんが・・中目黒四丁目にある「八幡公園」もおすすめですね。
こちらは昭和47年開園の古い公園ですが、適度な充実ぶりが光っています。
敷地面積は1282.36平方メートルでちょうどよく、遊具はベーシックですがブランコや滑り台など一通りのものがあり、休憩用のベンチ、入り口には駐輪スペースもあります。
全体的に古いのは否めませんが、一方で不足したところはなく、必要なものはちゃんと揃っています。
目黒を散歩している方、特に中目黒の方にぜひ訪れてほしいですね。
決して多くはありませんが緑も配されていて、のどかな感じもありますよ!
場所は東京メトロ日比谷線・中目黒から徒歩で11分の・・目黒の中目黒四丁目15番21号です。
散歩がてらでも買い物がてらでもいいので、ぜひここに立ち寄って休憩してみてください。

地元の人にチェックしてほしい!高輪にあるありふれたスポット

・高輪にあってたっぷり自然を満喫できる「高輪森の公園」

理想の散歩スポットというのは、子供から高齢者まで全世代が楽しめるようなところでしょう。
高輪には「高輪森の公園」がありますが、ここはまさにそのようなところです。
一般的な公園とは一味違い、普通の森をそのまま園にしているのです。
あまり余分な手を加えず自然の魅力を残しているので、とても気分が落ち着き安心感があります。
高輪は都心の一角であり高級住宅地でもありますが、そういう高輪にこれだけ自然を満喫できる場所があるのかと思うほどです。
ここなら世代が限定されず、子供から高齢者まで楽しむことができます。
もちろんまったく手が入っていないわけではなく、屋根付きの野外卓があったりするので、家族でピクニックに来るという楽しみ方もあります。
敷地も広くてゆったりしているので、ぜひ一度立ち寄ってみてください。
場所はJR品川駅から徒歩で5分のところ・・港区高輪三丁目13番21号です。

・遊ぶもよし!休むもよし!なんでもできる「高輪公園」

高輪の三丁目にある憩いのスポットといえば、「高輪公園」もかなりいい感じですね。
ここは昭和48年に開園した古いスポットですが、敷地が広大なうえに内容が充実しています。
遊具は鉄棒、滑り台、ブランコ、砂場、複合遊具と万全なラインナップですし、加えて健康器具や投球場、バスケットゴールまであるのです!
おまけに樹木や草花など緑も多くて、自然をたっぷり味わうこともできます。
高輪には自然と一体になった公園が他にもありますが、ここもその一つでしょうね。
個人的には高輪の中で屈指の憩いスポットだと思っていますので、ぜひ地元の方に足を運んでもらいたいです。
なおここにはブロンズ像の「渚」が建てられており、その芸術性を堪能することもできますよ。
といった具合に見どころたっぷりなので、高輪の皆さん、ぜひここを訪れてください!

・高輪で童心に戻りたくなったら「泉岳寺前児童遊園」

f:id:blogwriter2017:20180529114841j:plain

もういい年した大人だけど、たまには子供に戻ってターザンごっこでもしてみたい!
そんな風に思ってる方が、高輪に住んでおられるかもしれません。
そういうときにおすすめしたいのは、高輪の二丁目にある「泉岳寺前児童遊園」に行ってみることです。
なぜなら、ここには一般の遊具に交じって、ターザンロープやザイルクライミングがあるからです。
思わずアスレチックか!と突っ込んでしまいそうになりますが、童心に戻りたい方はこれを使って楽しまれるといいでしょう。
高輪には公園がたくさんありますが、ターザンロープまであるところは稀なので、そういう意味でここは貴重なスポットです。
一方、健康促進を目指している方のためには、背伸ばしベンチや足ツボマッサージなどの健康器具が設置されていますし、散歩スポットとしても優秀で、ベンチやトイレなどもあります。

実は探せばたくさんある!品川の隠れた憩いスペース

・たくさんの種類の植物が迎えてくれる「杜の公園」

f:id:blogwriter2017:20180528023334j:plain

先日、品川の北エリアを散歩していたとき、とても素敵なスポットを見つけました。
それはたくさんの種類の植栽があって気持ちがいい、「杜の公園」です。
公園というより歩行者スペースという感じで、周囲をビルやホールが取り囲んでいて、ラウンジのような雰囲気もある素敵なところでした。
品川にはいくつも公園がありますが、その中にあってここは一種独特な感じがします。
園内には遊具はなく子供が遊べるようなところはありませんが、一方でたくさんの種類の植物が配されており、都心にありながら爽やかな空気が吸えるようなっています。
サンゴミズキシラカシサトザクラ、コブシ・・あとフイリヤブランなどもあったでしょうか。
とにかくたくさんの植物と触れ合えるオアシスのようなところでした。
レイアウトもすっきりしていてごちゃごちゃしていませんし、居心地もよかったですね。
というわけで品川の北エリアを散策する機会があったら、ぜひ「杜の公園」に立ち寄ってみてください。

ソニーの本社跡地に整備された「御殿山の丘公園」

品川の駅から徒歩で15分ぐらいの場所には「御殿山の丘公園」がありますが、ここも素敵なところなので覚えておいてください。
いちおう公園と名前は付いていますが、実際には広場型の庭園といった感じで、綺麗に整備されて芝生や草花、木々などがとても美しく映えています。
ここにはもともとソニーの本社があったそうですが、その跡地に整備されたのが「御殿山の丘公園」だそうです。
広いところではありませんが休憩ポイントにぴったりな場所なので、散歩の途中にでも寄ってみてください。
ただしトイレと遊具はありませんので、その点は頭に入れておくといいでしょう。
所在地は品川の大崎地区、北品川6-6-3になります。
品川の駅から徒歩15分といいましたが、五反田駅からも歩いて15分程度で着きます。
すぐ近くにソニー歴史資料館もありますので、そちらも合わせて楽しまれるといいでしょう。

・カフェが隣接していて雰囲気がいい「小関橋公園」

品川には大小さまざまな種類の憩いスポットがありますが、その中にあって北品川5丁目にある「小関橋公園」は特別といえるかもしれません。
なぜならこの公園は、オシャレなカフェに隣接しているからです。
つまり散歩がてらにここに立ち寄れば、カフェと公園の雰囲気を同時に味わえるということになります。
品川の中でもこういう場所はそう多くはないでしょう。
一方、ここは道路に面した場所ではありますが、歩道との境がなく、歩道と一体に見えるところも特徴といえるかもしれません。
しかしれっきとした憩いスポットであり、植栽もありますし、ベンチではありませんが座るところもあります。
興味を持たれた方はぜひここを訪れてみてください!
住所は北品川5-7-18、道路を挟んで大崎ブライトタワーの隣にあります。
ここは遊具がないので、どちらかというと品川にお住いの大人の方におすすめです。

 

観光名所じゃないけどあえて訪れてみたい五反田の何気ないスポット

・ゴージャスじゃないけど散歩スポットとして貴重な存在の「五反田南公園」

五反田の東エリアの目黒川沿いを散歩するときは、ぜひ「五反田南公園」のことを思い出してください。
なぜなら、ここは休憩ポイントにぴったりの場所だからです。
特別感のあるスポットではないのですが、樹木や植栽など緑が豊富で庭園のような雰囲気があり、もちろんベンチもちゃんとあって、休んだり憩いを楽しんだりすることができます。
遊具は多くはありませんが一通りのものがあり、子供の遊び場としても有効です。
目黒川沿いとはいえ五反田の街中にあり、忙しいところでもあるのですが、その分、オアシス的な役割を果たしているといえるでしょう。
あと公園を取り囲むレンガの縁取りも・・なかなか風情があってよろしい感じです。
場所は五反田の駅から徒歩で6分のところ、東五反田2-1-14です。
近くに住んでる方もしくは散歩している方は、ぜひこの公園を休憩ポイントとしてご利用ください。

・トイレや郵便ポストまであって利便性が高い「西霧ケ谷公園」

f:id:blogwriter2017:20180528022027j:plain

五反田には名前がかっこいい公園がたくさんありますね。
その一つが桐ヶ谷通りにある「西霧ケ谷公園」ですが、ここは五反田の西エリアで散歩スポットをお探しの方におすすめの場所です。
特徴は公園が二段に分かれていて、植栽を見ながらのんびりするところと、遊具で遊べるところ、二つのエリアが存在することです。
全体的に緑が多く自然豊かで、都心であることを忘れてしまいそうな落ち着きがあります。
またトイレや郵便ポストも設置されているので、利便性も良いといえるでしょう。
メジャーな観光スポットではありませんが、散歩コースのポイントとしてまた休憩場所として利用価値の高い公園です。
なので五反田の西エリアを散策するときは、ぜひこの場所を頭に入れておいてください。
所在地は西五反田5-28-16、東急目黒線不動前駅」から徒歩で5分という好立地です。

・ビルの間にありながら落ち着いた雰囲気をみせる「谷山公園」

五反田は言うまでもなく都会なので、その中にはビルの間に挟まれた公園というのもあります。
その代表格はおそらく、五反田の西エリアにある「谷山公園」です。
名前からしていかにもという感じですが、ここは周りをビルに囲まれた都会的な公園です。
場所的には忙しいのですが、綺麗に整備されていてなおかつ十分なスペースがあるので、慌ただしい雰囲気はありません。
むしろ、すっきりしたレイアウトのおかげで落ち着いているといえるでしょう。
園内には合板性の複合遊具、ベンチ、トイレなどがあり、散歩&休憩スポットとしても優秀!
樹木や植栽もそれなりにあって、目の保養と心のリフレッシュを行うこともできます。
五反田の西エリアに住んでる方でここを知らなかった人は、ぜひ足を運んでみてください。

 

恵比寿にある素朴だけどのんびり過ごせる休憩スポット教えます!

・小さくて狭いけどシンプルな感じがいい「原町公園」

恵比寿の南エリアを熱心に散歩されてる人もいると思いますが、そういう人たちにぜひ知っておいてもらい場所があります。
それは恵比寿の駅から徒歩7分のところにある・・「原町公園」です。
330平方メートルの小さなスポットですが、落ち着ける雰囲気があって、なかなかいいところです。
トイレはありませんが遊具はブランコや滑り台があり、子供の遊び場としても最適ですし、大人が遊んでも構いません!
なんといっても330平方メートルですから、おそらく恵比寿の中でも小さいほうの公園でしょうね。
でもだからこそ余分なものがなくてすっきりしていて、シンプルに休憩場所として利用することができます。
住所は東京都恵比寿南3-7-26、恵比寿の駅から徒歩で7分のところです。
恵比寿の南エリアを歩いてる人はぜひ、「原町公園」をチェックしておいてください。

・もしかしたら恵比寿の中で一番手厚いかもしれない「恵比寿南二公園」

公園の中にはトイレがないところもありますが、恵比寿には男女別にトイレがあって、なおかつ障害者用を併設している素晴らしいところがあります。
それは恵比寿の南エリアにある、「恵比寿南二公園」です。
恵比寿の駅から徒歩6分でアクセスがよく、広さも1889平方メートルとゆったりしているので、この場所は覚えておいて損はありません。
実際に行ってみればわかりますが、本当にトイレは男女別になっていて、障碍者用も設置されています。
恵比寿の中でもこれほど手厚い公園は他にないかもしれません。
一方、遊具も充実していて、ブランコ、滑り台、ジャングルジムなどがあり、遊び場としても利用できますし、ベンチや木々があるので、休憩場所としてももってこいです。
所在地は東京都渋谷区恵比寿南2-11-1・・機会があったら行ってみてください。

・アクセスがよくてキャッチボールコーナーまである「恵比寿南一公園」

f:id:blogwriter2017:20180527023954j:plain

恵比寿の南エリアといえば、1丁目にある「恵比寿南一公園」もすごくいいですよ。
ここは恵比寿の駅から徒歩8分のところにあるので、アクセスは申し分ありません。
それに園内にはキャッチボールコーナーが設置されていて、野球好きの方におすすめの公園です。
遊具もたくさんあって、子供の遊び場としても良好!
もちろんベンチもあって、散歩途中の休憩スポットとしても利用できますね。
さらに嬉しいのは、恵比寿南二公園と同じように、身障者用トイレを併設していることです。
これで完璧というか・・非の打ちどころのない理想的な散歩スポットという感じです。
近くにはカフェなどもありますし、そこを訪れたついでにぜひ立ち寄ってみてください。
ちなみにここは地域密着の憩いスポットなので、ぜひ恵比寿の方に行ってほしいですね!

 

地元に住んでるなら一度は行っておきたい目黒の穴場スポット

・特別な設備はないけど風情はある「けこぼ街かど公園」

f:id:blogwriter2017:20180526050426j:plain

目黒には有名で目立つ大規模な公園もありますが、拭けば飛ぶような目立たない小さな公園もあります。
その一つが上目黒にある「けこぼ街かど公園」ですが、ここは機会があったらぜひ一度訪れてみてください。
目黒の中でも特に小さいんじゃないかと思われますが、広さはなんと104.65平方メートルです。
特段の設備や遊具などもなく、ベンチがあるのみですが、スペースの真ん中に木が一本植えられていて、その佇まいがなんともいえません。
また緑もそれなりにあって落ち着きますし、雰囲気も悪くありません。
目黒にあるメジャーなスポットもいいですが、たまにはこういう場所でのんびり過ごすのもいいでしょう。
ちなみに「けこぼ街かど公園」の住所は、目黒区上目黒二丁目9番18号、駒沢通りに面した街中にあります。
ここは地元の方にこそ行ってほしい場所なので、目黒の皆さん、ぜひここに行ってみてください!

・都会の中で自然が満喫できる「中目黒しぜんとなかよし公園」

目黒の休憩スポットといえば、上目黒二丁目にある「中目黒しぜんとなかよし公園」もおすすめですね。
こちらは一転して敷地面積の広い公園ですが、とてもいいところです。
何がいいかというと、園内に緑があふれていて、都会にいながら自然を満喫できることです。
様々な種類の樹木や草木が生えていたり、野鳥や昆虫などもいるし、びっくりするぐらいの豊かさに満ちています。
目黒は住宅街が多いところですが、ここを訪れるとその概念を忘れてしまいそうになります。
一方、園内には世界恒久平和実現のシンボルである平和の石と落ちバンクもあるので、こちらも必見です。
所在地は目黒の上目黒二丁目19番18号、目黒区役所の南口側になります。
たまには都心の中で自然を味わってみたい・・そう思ったらここを訪れてください。

・由緒正しい天祖神社の隣にある「伊勢脇公園」

神社のそばに公園があるというケースは少なくありませんが、目黒にもそういうところがあります。
それは、上目黒二丁目32番19号にある「伊勢脇公園」です。
こちらは昭和52年3月に開園されましたが、隣に由緒正しい天祖神社があります。
それだけに園全体に安心感がみなぎっていて、落ち着いてのんびり過ごすことができます。
敷地面積も2123.32平方メートルと広大で余裕があり、その中に鉄棒や滑り台などの遊具、桜の木、ベンチ、トイレなどがあります。
また、骨董品と化してはいますが・・古い井戸もあります!
目黒のなかでも広い公園の一つだと思われますので、広いところが好きな方にここはおすすめです。
ぜひ機会がありましたら、目黒の「伊勢脇公園」に立ち寄ってみてください。
もちろん神社見学のついでに訪れるというのもありですよ!